JavaScriptで指定した色をある基準色に分類する

Reactを使って作成しているWebアプリ内で、画像の色を自動的に取得後、用意しておいた幾つかの基準色(カラーパレット)に分類する必要がありました。
この機能を実現するために実装した内容をcolor-classifier.jsというライブラリに切り出したので、処理内容や使い方について書いてみます。

はじめに

ライブラリへ切り出して、殆ど書き終わったなという段階でcolor-diffというライブラリを知りました。diff.closest()というメソッドを使うことで、同様の機能を実現できたみたいです。

全力で車輪の再発明をしてしまった感に押しつぶされそうだったので、ブログに書いて消化していきたいと思います。

対象のリポジトリは以下です。

tsuyoshiwada/color-classifier

色の分類を実現するステップ

まず、色の分類を行うためのステップを整理します。
以下の2ステップで基準色への分類を行うことができそうです。

  1. 指定色と基準色間の色差(後述)を求める
  2. 最も色差の少なかったものを分類先とする

上記で肝となるのは、色差を求めるという部分になります。

色の色差を求める

正直、詳細なアルゴリズムについては研究者ではないためさっぱりですが、CIEDE2000というアルゴリズムが最も人間の色覚に近い色差を求めることが出来るようです。

計算式はJavaで書かれていましたが、以下の記事が大変参考になりました。

色の距離(色差)の計算方法 - Qiita

JavaScriptに書き直して、The CIEDE2000 Color-Difference Formulaにあったテストデータもパスする事を確認しました。

実際のソースは以下で確認できます。

color-classifier/src/utils/color-diff.js

デモページ

以下のページで指定色が、どの基準色へ分類されるか確認できます。

デモページ

http://tsuyoshiwada.github.io/color-classifier/

ちょっと分かりづらいかもしれないので簡単に補足です。

  • 画面左側が指定色
  • 画面右側が基準色(カラーパレット)の一覧
  • 分類された基準色がアクティブな表示になる (透明度が1)

インストール

Browserify,webpack,Node.js上で使う場合は、npmからインストールします。

$ npm install color-classifier --save

<script>で直接読み込む場合は、color-classifier.min.jsをダウンロードしてもOKです。

使い方

基本的な使い方についてです。

まず基準色となるカラーパレットを配列で用意して、ColorClassifierのコンストラクタに指定します。
あとは生成したインスタンスのclassifyメソッドに分類したい色を与えると、基準色の中から最も近い色を取得できます。

import ColorClassifier from "color-classifier"

const palette = ["#fff", "#000"];
const colorClassifier = new ColorClassifier(palette);
const color = colorClassifier.classify("#fefefe");

console.log(color); // {r: 255, g: 255, b: 255}

classifyメソッドの戻り値は、第2引数にフォーマットを指定することで変更することが出来ます。

const color = colorClassifier.classify("#fefefe", "hex");

console.log(color); // #fff

色差の計算アルゴリズムを変更

デフォルトでは、CIEDE2000を使い色差を求めますが、HSV,RGB,CIEDE2000の3つの中から選ぶことが可能な為、組み込むアプリなりサービスなりで、最も良い結果が出るものを使用できます。

import ColorClassifier, { AlgorithmTypes } from "color-classifier"

const palette = ["#fff", "#000"];
const colorClassifier = new ColorClassifier(palette, AlgorithmTypes.HSV);
const color = colorClassifier.classify("#fefefe", "hex");

console.log(color); // #fff

それぞれのアルゴリズムによって、分類される結果の差異はデモページで確認してみるのが良いかなと思います。


他に指定色を配列で一気に指定するclassifyFromArrayというメソッドがあったり、デフォルトで幾つかの基準色を用意していたりしますが、詳細はREADMEを確認いただけたらと思います。

まとめ

  • 色差の計算はCIEDE2000が優秀
  • ライブラリを作る前に、既に同じものが無いかちゃんと調べる (車輪の再発明つらい…)
Newer Post Sassのmap操作をおさらいする+便利な関数をいくつか Older Post SVGで犬のしっぽをフリフリする